注目すべきトンカットアリの効果

注目すべきトンカットアリの効果
東南アジアではトンカットアリの持つ素晴らしい生命力と繁殖力から、古来よりその根を煎じて、体力増強や精力増強剤として利用されてきました。

あまり馴染みがないトンカットアリですが、マレーシア原産のニガキ科のハーブの一種で、インドシナやスマトラ、ボルネオなどの東南アジアの熱帯雨林地帯に自生しています。

近年の研究では、朝鮮人参の約5倍の効果があることが明らかになりました。

現地のマレーシアのコンビニエンスストアでは栄養ドリンクとして販売されるなど、一般的に飲まれています。

また、肉体労働者や長距離運転手の人たちも休憩時に滋養強壮や疲労回復を目的にトンカットアリを飲んでいるそうです。

今ではマレーシアの男性にトンカットアリを知らないという人はいないとさえ言わるようになりました。

いま、日本のサプリメント業界でも、そのトンカットアリに秘められた力に注目が集まっています。

トンカットアリの注目すべき点は、抗酸化作用に非常に優れていることです。

体内の脂質やコレステロールの酸化を防ぐ作用があり、現代病とも言われている生活習慣病の予防にもつながるとされています。

精力増強や滋養強壮、疲労回復、気になる方はトンカットアリを試してみてはいかがですか。